IT営業転職なび|人気の高い求人サイトランキング


 当サイトは、IT営業などの職種へ正社員として転職を考えている方の為に、数多くの求人情報をご用意しております。正社員就職が厳しくなりつつある現状の中でも、多くの正社員求人を取り扱っている事が自慢のサイトです。

 

 就職氷河期と言われている現代の日本では、年齢・職種問わず就職難民が溢れかえっています。その中でも、正社員として就職や転職を行うには、非常に難しい状況と言えるでしょう。ただ求人情報誌を眺めていただけでは、正社員として就職や転職を成功させる事は、非常に難しいと言えるのです。

 

 その状況を打破する為には、より多くの転職支援サイトへの登録が必要になってきます。情報収集力をしっかりと付けて、より少ないチャンスを自分の物にする為にも、是非当サイトを参考にし、正社員の椅子を掴んで下さいね!

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
 転職の要とも言われる程、転職希望者にとって知名度の高い転職支援サイトですが、人気の秘訣には、リクナビNEXT独自のサービスがあると言えます。

 リクナビNEXTが誇る独自サービスの一つであるスカウト機能は、自分で自ら行う就職活動と共に、企業側のオファーを受ける事も出来るので、2倍のチャンスを手に入れる事が出来るのです。

 また、経験豊富な転職エージェントが正社員として就職するまで、最後までしっかりサポートしてくれるので、どなたでも安心して就職活動を行う事が出来るのもポイントです。

リクルートエージェント
詳細
★★★★
 リクルートエージェントは、優秀なキャリアコンサルタントを在籍させる事により、転職成功率No1を誇る事に成功した転職支援サイトです。

 リクルートグループの中でも特に優秀な人材を集める事により、全ての利用者を転職成功まで導いてくれる、頼もしい転職サイトなのです。 

 質の高いサービスを受ける事が出来るかが、転職成功への鍵と言われていますので、リクルートエージェントは、転職したい方にとってピッタリのサイトと言えるでしょう。

 人気も高く待遇も良い印象のあるIT関連企業。しかし、そこに転職できなければ意味がありません。転職活動に関しては、他の業界とは多少異なる部分も出てくるでしょう。あらかじめそれを把握しておくこと、これが一番のポイントとなるのかもしれません。

 

 

IT関連企業への転職希望者がしておくべき準備

 IT関連企業へ転職するための準備は、キャリアを振り返ることもそうですが、資格の取得や知識の習得などもそれに含まれてくるでしょう。とにかくスキルがなければ務まらないのがこの業界。転職であればなおさら、そうした準備が大きな意味を持ってくるはずです。

 

 

求人のチェックと収集について

 どんな職種に就きたいのか、これがハッキリしていれば、求人情報を集めるのは難しくないかもしれません。ただ、IT関連企業は応募資格が、それこそ資格や経験によって区切られることが多いため、現在の自分としっかり向き合わなければ良い求人と出会うことはできないでしょう。また、キャリアに自信があるならエージェントの利用がお勧めです。

 

 

応募書類で示したい個性

 応募書類に関しても、どれだけの知識と技術を持っているのかを一番気にし、書類上にも表現しなければなりません。ありきたりな書き方やフォーマットでは、IT関連企業は特に「つまらない」と思われてしまうため、他の業種よりも、多少強い個性を出すことが求められるでしょう。

 

 

面接での個性の出し方

 面接でもやはり個性を出すことが大事。職種にもよりますが、個性を持っている人は、この業界では気に入られる傾向が強い。しかし、その個性が企業の社風とマッチしていなければ無意味。企業研究をした上で個性の出し方に工夫を凝らし、面接に挑むようにしましょう。

 

 

IT企業の退職で注意したい点

 IT関連の企業は、退職に関して比較的寛容である傾向が強いです。そうは言っても、退職活動には気を遣わなければダメ。特に注意したいのは引き継ぎなどの作業。データの返却等を怠ると後々トラブルになることもあるので、不備や不正等がないように十分気を付けながら、退職の手続きを進めていきましょう。

 

 

続きを読む≫ 2015/04/30 14:00:30

29歳男性
営業
IT営業
リクナビNEXT

 

 

 もっと成長したい、もっとお金を稼ぎたい、より素晴らしい環境の下働きたいという思いから転職を考えました。

 

 若いうちの苦しみはあった方が良いと思っているので、キャリアアップに繋げる意味でも違う職場の方が効果的だと考えての決断した。

 

 

31歳男性
営業
企画営業
無し

 

 

私は新卒で大手IT企業への就職を目指していました。

 

しかしながら受けた希望の企業は全て桜散る形となり、仕方なくと言うとかなり語弊がありますが、自分としては完全な納得をしない形で前職への就職をすることとなりました。

 

 前職は小さい企業ながら、やる仕事内容は大きな企業を相手にしたりとそれなりに力の要るものばかりでした。

 

 そんな中で働いていき私は色々な経験と知識、それからノウハウなど大きなステップアップが出来たと思います。

 

 そして出世もしていく中私はもう一度大手への挑戦をしたいと考えるようになっていました。それが私の転職へのきっかけとなりました。

 

 

今からおよそ10年くらい前、私が30代前半に転職をめざしおよそ10年勤務した仕事を退職しました。

 

当時は事業主側が年齢制限とかはっきり主張できる時代だったので20〜30歳までとうい募集が多く応募すら出来ない事も多かったです。

私には、もともと30代までには教育業界で、独立したいという目標がありました。

 

大学卒業後、就職したのは、中小企業の学習塾です。

 

塾で講師として働き始め学ぶことも多く、切磋琢磨の毎日でした。

32歳男性
工場
工場
無し

 

 

 現在の仕事に着く前は、成果の卸の仕事をしていましたが、朝が早く終わりがないような仕事をしていました。

 

 朝が早いといっても尋常でない時間で、朝の2時3時は当たり前で、終わりの時間は18時とか19時とか、会社に泊まることもありました。

 

 身体を悪くして、まだ若いこともあり転職へ踏み切りました。今は転職して良かったと思っています。

 

 

 

 ITの営業に転職する人も多いと思いますがIT企業のなかでも、元気がいいのが市場規模9兆円といわれているネット通販業界です。ネット通販はすっかり私たちの生活に定着していて昔から存在しているような錯覚に陥りますが、実はネット通販が登場してまだ10年あまりしか経っていないというから驚きです。

続きを読む≫ 2013/07/23 17:05:23